クロ・デ・フ スブソルム × インゲン豆のジェノベーゼ 【黒木メイサ】

チリ 赤

 

ワイン解説

 クロ・デ・フ スブソルム 

ワインデータ 
タイプ赤 辛口 ミディアムボディ ビオディナミ
生産者
クロ・デ・フ
産地
チリ
ブドウ品種ピノ・ノワール92%
サンソー8%
ヴィンテージ2016年
アルコール度数13.5%
飲み頃温度15度
価格2145円 2021年8月ネット最安値 (筆者調べ)
インポーターモトックス

世界的ワイン地質学者ペドロ・パッラ氏をコンサルタントに迎え、土壌からこだわったチリ屈指のテロワールワイン
スブソルムは3.5億年前の海洋石灰土壌で冷涼な気候でピノ・ノワールの栽培に適した土地で作られる
土壌はもちろん、栽培方法はビオディナミで手間をかけ、醸造はあえて必要以上に手を加えない

〈筆者の感想〉
・色…褐色がかった薄いルビー色
・香り…バラのような妖艶な香りとユーカリのような清涼感
・味…イチジクのような複雑な果実感と紅茶の上品な風味、土っぽさも感じる

ニューワールドのピノ・ノワールらしいはっきりとした味わいに、ブルゴーニュに劣らない色気を感じるワイン
ほど良い熟成感で飲み頃

〈今回の人物〉
このワインはエロティックで情熱的な大人のキスの味!
そのイメージは…
女優 黒木メイサさん

筆者の独断と偏見により、大人のキスが似合う女性を選ばせていただきました
このワインを飲めば、きっと黒木メイサさんのキスの味があじわえるはず⁉

今回のつまみ

インゲン豆のジェノベーゼ

バジル、にんにく、粉チーズ、松の実、オリーブオイルをすりつぶしたソースで、ゆでたインゲン豆を和えたもの
インゲン豆はくたっとするぐらい、しっかり目にゆでるのがポイント

実食

インゲン豆の風味がワインの土っぽさと相性が良く、
チーズと松の実のコクが、軽めの赤ワインと相性が良く、
バジルの風味が全体をまとめる
相乗によるマリアージュ

他に鉄分を感じる赤身(カツオやマグロ)の刺身とも相性良し

まとめ

安価でおいしいワインの代名詞的存在のチリワインですが、
ちょっとお高めのワインを選ぶとかなり良いパフォーマンスを発揮してくれます!

ブルゴーニュのピノ・ノワールは当然素晴らしいけど、ちょっと値段が高い
この価格でこのクオリティーだからニューワールドのワインはやめられません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました