ポール・ジャングランジェ アルザス リースリング 2018 × レバーのムニエル ケッパー入りブールノワゼット

アルザス 白

ワイン解説

ポール・ジャングランジェ アルザス リースリング 2018

タイプ 白 辛口
生産者 ドメーヌ・ポール・ジャングランジェ
産地 フランス  アルザス エギスハイム
品種 リースリング 100%
ヴィンテージ 2018年
飲み頃温度 8度
価格 2005円 (2020年2月現在)
インポーター モトックス

〈味の評価〉
爽やかなライムの香り、ミネラルをしっかり感じる
酸、旨味、共に強くメリハリのある味わい
例えるなら、容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能な女子高生
漫画「タッチ」の浅倉南ちゃん
同じアルザス、リースリングのドメーヌ・アルベール・マンと比較するとさっぱりしていてスタンダードな味わい

今回のつまみ

鹿レバーのムニエル ケッパー入りブールノワゼット

鶏レバーよりクセがなく、サクッとした歯ごたえ
豚レバーに近い味なので代用可

ブールノワゼットは焦がしバターソースのこと
小麦粉をまぶした鹿レバーをたっぷりのバターで焼き、そのバターにエシャロット、パセリ、レモン、塩、コショウ、ケッパーで仕上げる
ケッパー(花のつぼみの酢漬け)が酸味のアクセント

実食

鹿レバーを、ナイフで一口に切り、ケッパーと一緒にぱくり

鉄分と野性味、バターの香ばしいかおり、それをまとめるケッパーの酸味
ワインを一口飲むと、強いワインの酸味がサッパリさせてくれるとともに、かすかに残るレバーの風味が心地よい

ケッパーなしで食べると物足りなく感じるし、ケッパーだけだと酸味がきつすぎる
ケッパーが「いらっしゃい」と迎えに来てくれる、ワインと料理のつなぎ役

結論

ポールジャングランジェ アルザスリースリング 2018に合うつまみは  レバーのムニエル ケッパー入りブールノワゼット

鹿レバーの他、豚レバーも〇

まとめ

実は赤ワインも合わせてみたんですけど、きれいさっぱりレバーの味が消えてしまいました
アルザスリースリングは酸味がしっかりあって、フルーティーさが控えめなので、料理と合わせやすく、筆者も大好きです

コメント

タイトルとURLをコピーしました