ブルゴーニュ オート・コート・ド・ボーヌ × 鶏のてり焼き

ブルゴーニュ 赤

ワイン解説

ブルゴーニュ オート・コート・ド・ボーヌ

ワインデータ 
タイプ赤 ライトボディ
生産者
ドゥデ・ノーダン
産地
フランス ブルゴーニュ
ブドウ品種ピノ・ノワール
ヴィンテージ2014
アルコール度数12.5%
飲み頃温度16℃
参考価格4200円
インポーターミリオン商事

オート・コート・ド・ボーヌは高級ワイン産地であるコート・ド・ボーヌ地区の西の産地をさす A.O.C.
「オート」は高いという意味でコート・ド・ボーヌより標高が高い。

スミレの香りとほのかな森の香り。程よい熟成感が感じられる。2021年時点で7年前のブドウとなるが、このぐらいの熟成期間があるとブルゴーニュらしさが感じられて良い。
人物に例えると、熟した大人の色気を漂わせる、タレントの壇蜜さん。

ドゥデ・ノーダンのオート・コート・ド・ボーヌは一般販売されていませんでしたので、他社のワインを見つけていただければ…

 

今回のつまみ


伊勢赤どりの照り焼き

伊勢赤どりは通常の鶏の1.5倍の70~75日間の飼育期間により、噛み応えと旨味がしっかりある銘柄鶏。皮が厚く、しっかり焼くことで本領を発揮します。

竹の子とわかめの卵スープと黒米ごはんを添えて、ある日のまかない料理に。

今回のワインと照り焼きを合わせて食べると
ワインの酸味は抑えられて、こってりした照り焼きはさっぱりいただける相乗効果を発揮。
焦げた醤油の香りとの相性も良い。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました